アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「エチュード仕事人」のブログ記事

みんなの「エチュード仕事人」ブログ


エチュード仕事人 vol.5 細江健介・佐藤学二

2008/08/17 16:06
玄朴と長英、続きます
8月14日の稽古にも仕事人参加してくれました。

画像
細江健介くん 佐藤学二くん
左から、細江健介さん、佐藤学二くんで、残りは出演者です。

きょうのエチュードは、伊東玄朴役の宮川知久さんに役立つようなエチュードでした。
はじめに4人でやったエチュードはこんなものです。
「演劇をやってきた4人。宮川さんがやめるといいだして、残り3人は慰留するのですが・・・」

実は、細江さんと学二くん、高野長英役の栗栖正二さんは、イプセンを上演する会で一緒に舞台に立った仲なのです、実際。細江さんと栗栖さんは今も在団していますが、学二くんはずっと前に退団しています。
ぼくから見ると、この3人が話をしている姿がとても微笑ましいのです
いいことですね、旧友が集まるのって。

画像
それで、最後に記念撮影もしました。
この稽古のあと、わたしと打ち合わせが入っている、イプセンを上演する会の野村尊司さんも稽古場に顔を出しました。いろいろとわたしがお世話になっている方です。
旧友がまた一人加わって、おもしろい雰囲気になったようです。

左から:野村尊司、佐藤学二、細江健介、栗栖正二、宮川知久。
撮影:白岩知明でした。

グルッポ・テアトロ
玄朴と長英』は2008年9月19日から21日までの4回公演。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


エチュード仕事人 vol.4 細江健介

2008/08/07 13:51
書くのが少し遅れましたが、8月3日の稽古にも仕事人登場でした。

細江健介くん
画像


細江さんはイプセンを上演する会の劇団員さんです。
出演者の栗栖正二の同僚というわけですね。
わたくしとは、前に一度、1分くらい顔を合わせて挨拶した程度でしたが、稽古に参加してくれるとの連絡を受けていましたので、参加ということになったのでした。

細江健介さんは、イプセンを上演する会のさまざまな公演に出演しています。
わたくしが観た、イプセン作の『野がも』では、老人役を演じていました。
なかなか器用な人で、その食い入るような目つきが印象に残りました。

画像
さて、そんな彼が参加して、エチュードをやってもらいました。急に決まったことだったので、エチュードの例題も白岩が急きょ出しました。
今回のエチュードは、玄朴と長英の話に近づけつつも、出演者は「自分として」演じてもらいました。
つまり、栗栖正二は長英でなく栗栖正二として、宮川知久は玄朴でなく宮川知久として、そして細江さんはもちろん細江健介として。

こうしてエチュードは始まり、展開として、細江さんが死んでしまうという物語になりました。
稽古初参加でほぼ初顔合わせなのに、死なしてしまうのは、ちと失礼でしたが、エチュードとしてはかなり深刻なところまで踏み込めて良かったのではないかしら

もうひとつのエチュードもやってもらいました。
上の写真はその2つ目のエチュードで撮った写真です。

画像
さて、最後には恒例の記念撮影

左から:栗栖正二、細江健介、宮川知久
撮影:白岩知明

玄朴と長英」は助っ人も交えながら、ますます本格化していきます。

細江健介さん。ありがとうございましたっ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


エチュード仕事人 vol.3 鈴木太一・佐藤学二

2008/07/28 17:10
玄朴と長英の稽古もまた新たな段階に入ってきそうです。

この日は、エチュード仕事人として、先日も来てくれた佐藤学二くんに加え、
鈴木太一くんが参加してくれました。

画像
鈴木太一くんの紹介をしましょう。
左側の青年ですが、見ての通りタンクトップ。それがもうトレードマークのようです。
わたくし、もう何年もその姿を見ています。
歩き方にも特徴があるんですけどね…

太一くん、現在は、「劇団無=魂」(むこん)に所属しています。
10月にも芝居に出演するようです。その稽古の合間をぬって仕事人として参加してくれました。
2008年10月2日〜5日の7回公演。六本木アトリエフォンテーヌにて。
くわしくは、ムコンさんのホームページで。

画像
また、佐藤学二くんは、前にも紹介しましたが、シアターΧの所属ということで頑張っています。
右の写真の一番左です。
以前もお知らせしました。学二くんのダンスの舞台に、実は太一くんも参加するのです。
主催は、ミチコ・ヤノ・モダンバレエCo.。
8月30日19時半から。シアターΧにて。

エチュードは、戯曲の核心に触れるような重要な人物をめぐってのものになりました。
人物像を説明して、演技してもらうのも難しいものです。
しかし、佐藤学二くんは二回目ということもあり、大槻俊斉の人物像にまた新たなものが加わりました。
鈴木太一くんは、伊東玄朴の家の門番の老人をやってくれました。やりたいようにやってくれて、台本では考えられないような場面が出てきましたね。

個人の想像力には限度があります。
このように、一件ハチャメチャでも、場面が具体化することと、生活の要素を体験できることは、実は演技の役にたつのですね。
エチュード仕事人には、演技というよりも、その人柄・人間の面で、具体的に接するわけですから、とても助けになります。稽古の活性化にもつながるしね。

最後は、また記念撮影。
画像

実はこの4人と、撮影者の白岩は、グルッポ・テアトロ「お夏清十郎」を一緒に作りあげた仲間だったのです。
ちなみに、佐藤学二くん、鈴木太一くん、白岩は、シアターΧの学校の同期でもあります。
また、栗栖正二さんと佐藤学二くんは、元劇団の同僚。
男5人が集まって、「友情」がテーマの芝居を稽古する。
おもしろい一日でした。
前列:宮川知久。中列左から:佐藤学二、栗栖正二。後列:鈴木太一。撮影者は白岩知明でした。
玄朴と長英公演。グルッポ・テアトロ

どうもありがとう太一くん、学二くん
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


エチュード仕事人 vol.2 佐藤学二

2008/07/21 01:59
さてさて昨日に続いて助っ人の登場です。
今日は佐藤学二くん。
画像
三人のうちの真ん中です。
グルッポ・テアトロの「お夏清十郎」公演で飛脚役で暴れまわった暴れん坊です。

佐藤学二くん
現在はシアターΧの所属になっています。お夏清十郎のときは劇団モーリェ。
演出の白岩知明とは、その前に3年間一緒の養成所で演劇を学んだ仲間です。
また、高野長英役の栗栖正二さん(イプセンを上演する会)とは、それよりも前に同じ劇団で舞台に立った仲間です。
伊東玄朴役の宮川知久さん(Pカンパニー)も「お夏清十郎」で一緒だったので、気心の知れた仲。

また彼はダンスの公演にも4回ほど出演しています。
本人はいっぱしのダンサー気取りですが、周囲の人はそれを認めてはいません。
8月にダンス公演があるようです。
8月30日19:30 『続・アクアの世界』 於:シアターΧ 

画像
さて、左の写真は照明を本当にいじっているのではありません。
ちょっとした訓練をかねたエチュードといったものです。
栗栖さん所属のイプセンを上演する会の持ち小屋。北池袋新生館シアターで稽古しています。

佐藤学二くんはエチュード仕事人歴が長いので、いろいろおもしろい人間性を具体化してくれました。
今回彼が演じてくれたのは、伊東玄朴と高野長英の共通の友人、戯曲にも名前が出てくる、大槻俊斉です。
玄朴と長英ツアーでも、大槻の家付近に訪れました。
台本を読んだ事はないのかと思いきや、音響の音作りでこの「玄朴と長英」に参加したことがあるもよう。
そのわりには、何も話を覚えていないのでした…

画像
最後にまた記念撮影です。
前二人、左から宮川知久、栗栖正二。後ろが佐藤学二。
撮影は白岩知明
学二くんは再度参加してくれます。その日も楽しみです。
勢いあまって、学二・宮川・白岩の三人で池袋まで徒歩で帰ってしまいました。

学ちゃんありがと
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


エチュード仕事人 vol.1 須藤沙耶

2008/07/20 01:47
前にも伝えましたが、グルッポ・テアトロは稽古方法にも変化球を使います。
エチュードと呼ばれる稽古です。
そのエチュードも宮川・栗栖の2人でやるのには限度があります。
ですので、助っ人を呼ぼうと、ここまではお話しいたしました。

さて、そのエチュード仕事人の第一弾として、
須藤沙耶さんが登場してくれました。

須藤沙耶さん。
画像
真ん中の赤い服の女性です
宮川知久さんと同じく、Pカンパニーの所属です。

前にもお話しいたしましたが、木山事務所に所属していた女優さんです。

また、グルッポ・テアトロの「お夏清十郎」公演で“お竹”の役で出演してくれた実力のある女優さんです。
Pカンパニーの公演も10月にはあります。その出演も含め、いろいろなところに出演し、ますますの活動期待しましょう
(このブログ内にもPカンパニーについての記事もあります
→「Pカンパニー」)

さて、必殺の仕事人が、台本の中身も知らないまま、役者の説明・打ち合わせの後、エチュードに参加しました。さすがに、フットワークと飲み込みも早いです。
宮川知久さんとのコンビもさすがです
画像

もちろん、栗栖正二さんとも「お夏清十郎」で何度もエチュードをしたので、自然に取り組めました。
台本の中に名前は出てくるけども、舞台には登場しない人物を具体化するのがエチュード。
今日は、須藤沙耶さんが二人の男たちの女房役をやってくれました。


前回紹介した、プレビュー公演で演じる内容も、栗栖さんバージョン、宮川さんバージョン両方とも、須藤さんの前で披露しました。
須藤さんを前にした告知というのもおもしろかったです。
こうやって、新しい風が入ることで、稽古場が活性化しましたね
明日も強力な仕事人が登場します。

画像
最後に記念撮影をしました。
左から、栗栖正二、須藤沙耶、宮川知久。
撮影は白岩知明でした。

沙耶ありがとう
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「エチュード仕事人」ブログ

玄朴と長英 〜愛しくも、憎らしく〜 エチュード仕事人のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる