アクセスカウンタ

玄朴と長英 〜愛しくも、憎らしく〜

プロフィール

ブログ名
玄朴と長英 〜愛しくも、憎らしく〜
ブログ紹介
グルッポ・テアトロの第2回演劇公演 『玄朴と長英』。
真山青果作の 『玄朴と長英』。
9月19日〜21日上演。
その稽古状況、新しい情報などをこちらに掲載していきます。
zoom RSS

公演終了 さよなら

2008/09/29 01:36
グルッポ・テアトロ
玄朴と長英公演

画像
終了いたしました。

思っていた以上にお客さまがご来場くださり、盛況のうちに幕をとじました。

励ましのお言葉、改善指摘のお言葉、ありがとうのお言葉、いろいろなお言葉をいただき、とても励みになります。素晴らしいお客さまに恵まれて、3日間の公演と、3か月の稽古に幕を下ろすことができました。

どうもありがとうございました

また、グルッポ・テアトロの公演のために、西田正さんはじめイプセンを上演する会の皆様、ココカラの前川さん、受付嬢のみなさん、バラシで大活躍してくれた拓大一高演劇部のみなさん、青果鹿さん、Pカンパニーさん、ほんとにお世話になりました。ありがとう。

画像
役者の二人、宮川知久栗栖正二
この写真は、なんだか蝋人形のように固まっていますが、3ヶ月間の稽古御苦労さまでした。
稽古では、笑いあり、気合いあり、喧嘩あり、迷いありで、濃い月日でしたね。

舞台を彩ってくれた、舞台監督の小川信濃さん、照明の花島宣人さん、八木澤賢さん、音楽を作曲してくれた若柳吉三郎さん、音響をやってくれた佐藤学二さん、舞台のさまざまな仕事をしてくれた眞壁良輔さん、みんなの力で舞台が出来上がりました。

画像
終わってしまったのですね。
舞台写真などもあまり撮影しませんでしたが、用意が出来次第、ホームページに掲載していきます。
ホームページは、玄朴と長英の特集として、記録として、残していきたいと思っております。

はい。
この回で更新を終えます。3か月の間、ご愛好・応援ありがとうございました。
また、次回の公演に向け進んでいきたいと思います。

今後の予定などは
グルッポ・テアトロのホームページをご覧ください。

さようなら。
忘れてましたが、わたくしカザンでしたね
ほんとにありがとうございました。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


劇場に入りました

2008/09/17 00:31
グルッポ・テアトロ
玄朴と長英
9月 19日(金)19時開演
   20日(土)14時開演
   20日(土)19時開演
   21日(日)14時開演

画像
今日、劇場に入り、舞台セットを組み立てました。
何気に、舞台写真を撮って、アップしようかとも思いましたが、楽しみにしているお客さんの期待を裏切ってはいけませんね。
はい。
というわけで、一部分しか写しませんでした。
一部分だけお楽しみください。

明日からは照明の仕込みです。
イプセン会と青果鹿の演出家2人が、照明を担当してくれます。
さすがですねぇすごいですね
わたしなんか何もできません。
にゃあ、と鳴くだけです。
勉強させてもらいます。

今日は、搬入を古舘裕司さん、仕込みをイプセン会の方々の協力を受けました。
感謝、感謝

画像
もうひとつの写真も掲載します。
これまた、紹介したくて何気に撮ってしまった写真です。
これぐらいなら、種明かしにはならないでしょう。
衣裳を着た役者たちです。
もちろん一部分の衣裳が本番用。

いやあ、早くお客さんに見てほしいのかな。
そうです、お待ちしております

グルッポ・テアトロ
玄朴と長英のチケット予約フォーム
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


小屋入り前日

2008/09/15 21:04
グルッポ・テアトロ
玄朴と長英
9月19日〜21日

画像
いよいよ、明日から劇場入りです。

金、土、日の稽古にはいろいろなスタッフが稽古場を訪れました。
写真を撮り忘れたので、文章でのみ

金、土には、前の「お夏清十郎」の舞台監督の古舘裕司さんが顔を見せてくれました。風貌が変化していました。人柄は変わりませんけどね。冷やし中華、おいしかったです

風貌が変わったといえば、金曜から公演まで、お手伝いとしてスタッフについてくれた真壁良輔くん。彼も風貌が変わっていました。彼のスタッフとしての役職名を考えています。全般的に手伝ってくれるので


グルッポ・テアトロ
玄朴と長英
9月 19日(金)19時開演
20日(土)14時開演
   20日(土)19時開演
   21日(日)14時開演
詳細はホームページ

作: 真山青果
演出: 白岩知明
出演: 宮川知久(Pカンパニー)
  : 栗栖正二(イプセンを上演する会)
音楽: Gipsy Guitar 若柳吉三郎
照明: 花島宣人(イプセンを上演する会)
照明オペ: 八木澤賢(青果鹿)
音響オペ: 佐藤学二(シアターΧ)
舞台監督: 小川信濃
The・スタッフ(?): 真壁良輔(青果鹿)
チラシデザイン: shoko
協賛: Boxshop & Gallery Cocokara
協力: 西田正
  : イプセンを上演する会
  : Pカンパニー
  : 青果鹿
  : BLUE DRAG

ほか協力:稽古で手伝ってくれた方、公演の受付を手伝ってくださる方、搬入や設営・撤去を手伝ってくれる方、美術協力の方、多数いらっしゃいます。公演のときにお渡しするパンフレットに記載させていただきます。

公演、お楽しみください。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


ミヤクリ

2008/09/10 12:18
グルッポ・テアトロの「玄朴と長英」。
徐々に予約も埋まってきております。
特に、21日(日)14時からの回は、かなりのペースで予約が入っています。また、今後もこの回は予約が入る予定があります。お早めにご予約を。
また、ほかの回はまだまだ余裕がございます。ご予約お待ちしております

玄朴と長英」チケットのご予約はこちらのページから

さまざまな稽古をしました。

画像
ここで、写真でご紹介しますのは、いわゆる「コント稽古」「漫才稽古」。
スタニフラフスキー流にいえば、「ヴォードビル稽古」です。
要は、宮川知久、栗栖正二が「お笑い」のコンビを組むというやつです。
さすがに、今の段階では、そんな稽古はしていませんが・・・
この写真は8月17日の稽古のものです。
ずいぶん貯め込みましたねえ

画像
宮川知久「ミヤドン」と栗栖正二「クリショー」。コンビ名は「ミヤクリ
観客は白岩ひとりと、寂しい場でしたが、
熱いギャグ(暑い?ギャグ?)、や涼しいボケ、互いが即興でおもしろいコントを披露してくれたのです。
たまには、こうしたよたった稽古も必要です。
こんなもので役が活性化すればしめたものですよ

少し前の写真をひっぱりだしました。
稽古の一端を知っていただければ幸いです。

グルッポ・テアトロのホームページ
玄朴と長英の特集ページはこちらからです。

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


ひさびさ

2008/09/10 11:54
すっかり更新サボってしまいました。


画像
公演も近くなってきました。
グルッポ・テアトロ「玄朴と長英」
2008年9月19日〜21日

稽古も、今は、全場面通して演じることもできます。
まだまだ、細かい修正点と大きな理念の確認など、やるべきことはあります。

暑さもひと段落した感じがあります。
観に来てくださるお客さま、応援してくださる方のために、まだまだ熱く芝居を作ります
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Cocokara展覧会

2008/08/29 00:54
グルッポ・テアトロ順調です。玄朴と長英の稽古を進めています。
(毎回こんな書き方していると、何か問題があるのを隠して強がっているように見えるけど、大問題はありません。。そりゃね、演劇の稽古ですから創造上の問題はいくつもあるわけでが。

今回も、また、お知らせということでこのページを使わせていただきます。
画像
Boxshop & Gallery Cocokaraの展覧会の案内です。
なんだ、自分の稽古のことを書かないで、別なことばかり書いているじゃないかと言われる方もいるかもしれません。

でもお許しを。

わたくし、結構薄情ではありますが、お世話になっている方のためになることは、喜んでしてしまう性質なのですよ。だって、その人たちがぼくのために、いろいろと親切や協力してくれるのですもの。

そうです。
Boxshop & Gallery Cocokaraの前川さんは、7月のプレビュー公演を実施させてくれました。そして、「玄朴と長英」の音楽のGipsy Guitar 若柳吉三郎さん、チラシ作成のshokoさんも、この展覧会に深くかかわっているのです。

画像
Cocokara展覧会Vol.3
2008年8月29日(金)〜30日(土)
場所:銀座ギャラリー悠玄(東京都中央区銀座6−3−17悠玄ビル)
03−3572−2526
料金:無料
29日は13時〜19時
30日は12時〜18時です。
アクセサリーや雑貨などの小物の作品の展示と、ジプシーギターの演奏もあります。
若柳吉三郎さんも、もちろんメインで演奏します
フライヤー作成はshokoさん。

ココカラのホームページ

銀座に行ったらぜひ立ち寄ってね。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Pカンさん

2008/08/28 02:23
グルッポ・テアトロ「玄朴と長英」。順調に進んでおります。

前にも紹介しました、Pカンパニーさん。
宮川知久さんの所属劇団でもあります。
そのPカンパニーのブログとホームページを見つけてしまったので、ここに記載させてもらいます。

Pカンパニー (ホームページ。作成途中だそうです)
本日もピーカンなり (公式ブログ)

画像
はい。
その“ピーカン”ブログに、宮川知久さんの外部出演というかたちで、グルッポ・テアトロの公演が掲載されました。
素直に喜んで、その画像も載せてしまいます。
チラシをデジカメで撮影したようですが画像つき。
ちなみにブログ上の記事はこちらです。

そのPカンパニーさん。
オープニング公演をどでかくやりますねえ

・2008年10月8日(水)〜19日(日)
・2008年11月21日(金)〜30日(日)
場所:西池袋・スタジオP(豊島区西池袋3−17−11−1階)
演目:
『ポンコツ車と五人の紳士』 作:別役実 演出:富士川正美
『しあわせな男』  作・演出 :阿藤智恵
『部屋』 作:別役実  演出:木島 恭
『百歩蛇と馬頭琴』 作:竹本 穣 演出:小笠原 響
すごい。4作品!
画像

宮川知久さんはというと、グルッポ・テアトロで拉致していますので、オープニング公演にはあまりかかわれないのでした。ホームページによると、『百歩蛇と馬頭琴』で声の出演をするそうです。

同じくPカンパニーのメンバーで、「お夏清十郎」のお竹役、はたまた“エチュード仕事人”須藤沙耶さんは、『しあわせな男』 にダブルキャストで出演します。
詳細は、Pカンさん(←もう勝手に略してます)のブログか、ホームページ見るのが早いです。

はい。いい公演になればよいですね。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


照明オペと音響オペ 〜おっぺけぺえ〜

2008/08/28 01:29
グルッポ・テアトロ「玄朴と長英」

事務的な作業に追われていて更新遅れました。
その間の時期は、休みも稽古もありました。
写真は撮影はしたのですが・・・
稽古の様子は次の回に書きます。
今回は、本公演のスタッフ関連の記事を。

照明のオペレーターが決定しました。
青果鹿という劇団の主宰の八木澤賢さん。
青果鹿は、前回の「お夏清十郎」の出演者、眞壁良輔くんの所属劇団です。
また、八木澤さんは、わたくしが昔所属していた劇団の先輩でもあります。年は同じくらいですが。

青果鹿は公演もやりますね。
画像

「かまどの虫」:作・演出 澤藤 桂
9月4日〜8日
場所:明石スタジオ(高円寺)
青果鹿

期待しましょう。

また、音響オペの佐藤学二くんと、“エチュード仕事人”の鈴木太一くん出演のバレエ()の公演の案内もしておきます。
矢野通子『続・アクアの世界』
8月30日
場所:シアターΧ(両国)
ちなみに、矢野通子さん、出演者のひとりの榎本妃佐子さんは、わたしのバレエの先生でした。

今日は、報告で。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


さまざまな報告

2008/08/17 16:32
グルッポ・テアトロ
玄朴と長英の稽古が続いております。
真山青果の代表作、ぜひともごらんくださいませ。
画像

グルッポ・テアトロ

8月16日は、大蔵地区会館で稽古しました。
近くでは花火も打ち上げられていて、ドスンドスンうるさかったです。
きれいな稽古場でしたよ。

その日は、宮川知久さんが録音機材を持って来て、録音。
何を録音するのかといえば、セリフっす
画像
写真は、オーディオマニアの宮川さんの機材。

それと、朗報です
音響のオペレーターで、佐藤学二くんが参加してくれることになりました。
今まで、3度も稽古場参加してくれた、あの学二くんです

ちなみに、今までのいろいろな助っ人参加の稽古記事はこちらです。

また、お知らせとして、舞台美術や音楽なども順調に進めております。
玄朴と長英、お楽しみに。
作:真山青果
演出:白岩知明
出演:宮川知久、栗栖正二
音楽:Gipsy Guitar 若柳吉三郎
照明:花島宣人
音響オペ:佐藤学二
舞台監督:小川信濃
チラシデザイン:shoko
協力者多数

2008年9月19日〜21日
於:中板橋新生館スタジオ
主催:グルッポ・テアトロ
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


エチュード仕事人 vol.5 細江健介・佐藤学二

2008/08/17 16:06
玄朴と長英、続きます
8月14日の稽古にも仕事人参加してくれました。

画像
細江健介くん 佐藤学二くん
左から、細江健介さん、佐藤学二くんで、残りは出演者です。

きょうのエチュードは、伊東玄朴役の宮川知久さんに役立つようなエチュードでした。
はじめに4人でやったエチュードはこんなものです。
「演劇をやってきた4人。宮川さんがやめるといいだして、残り3人は慰留するのですが・・・」

実は、細江さんと学二くん、高野長英役の栗栖正二さんは、イプセンを上演する会で一緒に舞台に立った仲なのです、実際。細江さんと栗栖さんは今も在団していますが、学二くんはずっと前に退団しています。
ぼくから見ると、この3人が話をしている姿がとても微笑ましいのです
いいことですね、旧友が集まるのって。

画像
それで、最後に記念撮影もしました。
この稽古のあと、わたしと打ち合わせが入っている、イプセンを上演する会の野村尊司さんも稽古場に顔を出しました。いろいろとわたしがお世話になっている方です。
旧友がまた一人加わって、おもしろい雰囲気になったようです。

左から:野村尊司、佐藤学二、細江健介、栗栖正二、宮川知久。
撮影:白岩知明でした。

グルッポ・テアトロ
玄朴と長英』は2008年9月19日から21日までの4回公演。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


そして稽古は続く

2008/08/14 14:33
更新は滞りましたが、稽古は順調に進んでおります。

ここ最近の稽古は、世田谷区の区民施設をめぐる稽古が続いております。
グルッポ・テアトロの「お夏清十郎」で使った稽古場にめぐりあうと、そこで行った稽古やエチュードが思い浮かばれるのが不思議なことです

また、今回はじめての稽古場も楽しいものです。
芦花公園では、駅前通りのおいしい焼き鳥屋さんを宮川さんが見つけまして、稽古後に宮川、栗栖、白岩の3人で買い食いしました。中学生のようですよ、ぼくたち

さまざまな公演に折り込みもお願いしました。手折りもしてきました。

画像
写真は、少し前の8月6日の稽古場、弦巻区民集会所です。
この稽古の時は、「お夏」のときにやったトレーニングなどをやりました。
シ〜、ム〜ン、シ〜、ム〜ン
ちなみに赤の自転車はわたくしの愛車「キャノンデール」です。
でも自転車に乗るのです。

はい、今日は、まったりとした途中報告でした。

チケットはこちらからがお得ですよ。

グルッポ・テアトロ「玄朴と長英」の稽古は続きます。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


エチュード仕事人 vol.4 細江健介

2008/08/07 13:51
書くのが少し遅れましたが、8月3日の稽古にも仕事人登場でした。

細江健介くん
画像


細江さんはイプセンを上演する会の劇団員さんです。
出演者の栗栖正二の同僚というわけですね。
わたくしとは、前に一度、1分くらい顔を合わせて挨拶した程度でしたが、稽古に参加してくれるとの連絡を受けていましたので、参加ということになったのでした。

細江健介さんは、イプセンを上演する会のさまざまな公演に出演しています。
わたくしが観た、イプセン作の『野がも』では、老人役を演じていました。
なかなか器用な人で、その食い入るような目つきが印象に残りました。

画像
さて、そんな彼が参加して、エチュードをやってもらいました。急に決まったことだったので、エチュードの例題も白岩が急きょ出しました。
今回のエチュードは、玄朴と長英の話に近づけつつも、出演者は「自分として」演じてもらいました。
つまり、栗栖正二は長英でなく栗栖正二として、宮川知久は玄朴でなく宮川知久として、そして細江さんはもちろん細江健介として。

こうしてエチュードは始まり、展開として、細江さんが死んでしまうという物語になりました。
稽古初参加でほぼ初顔合わせなのに、死なしてしまうのは、ちと失礼でしたが、エチュードとしてはかなり深刻なところまで踏み込めて良かったのではないかしら

もうひとつのエチュードもやってもらいました。
上の写真はその2つ目のエチュードで撮った写真です。

画像
さて、最後には恒例の記念撮影

左から:栗栖正二、細江健介、宮川知久
撮影:白岩知明

玄朴と長英」は助っ人も交えながら、ますます本格化していきます。

細江健介さん。ありがとうございましたっ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


チケット発売開始

2008/08/05 18:34
1日遅れましたが、8月4日からチケット発売開始しています。

玄朴と長英』公演 グルッポ・テアトロ
2008年9月19日(金)〜21日(日)

画像
チケット料金は
一般前売・予約       2200円
一般当日           2500円
シルバー割引(65歳以上) 1500円
学生割引(高・大学生)    1500円
こども割引(中学生以下)  1000円
一般ホームページ割引
グルッポ・テアトロのホームページ参照

ホームページ割引とは?
――グルッポ・テアトロのホームページのチケット予約フォームから予約された方に割引料金を適用いたします。一般料金の割引制度となります。
画像

PC用のホームページだけでなく、携帯電話用のホームページからご予約の方も同様の割引をいたします。
 玄朴と長英チケット予約フォーム
 グルッポ・モバイル 画面右のQRコードをご利用ください。

ホームページ割引は、お得です。
普通に電話予約やメール予約するのであれば、ホームページ割引をご利用くださいね。

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


玄朴と長英のチラシ

2008/08/02 01:37
画像
とうとう到着いたしました。
玄朴と長英のチラシです。
友情の物語、熱い情熱の物語にふさわしいが基調のデザインです。

デザインは、shokoさん。
お夏清十郎のときのチラシもデザインをしてくれたデザイナーさんです。
前回のときもそうでしたが、今回も仕上がりが丁寧で、色づかいが素敵です。
手に取りたくなるようなチラシにしてくれました。

shokoさん、いろいろなデザインの仕事をしているようです。
グルッポ・テアトロとは、cocokaraの前川さんを通して、お近づきになりました。
cocokaraのチラシのデザインも担当しています。
前のプレビュー公演のチラシもshokoさん担当です。
ブログもやっているようですね。

画像
裏面はこんな感じになっております。

出演者ふたり、宮川知久さんと、栗栖正二さん、ばっちり写真に撮れてますね。
前にも紹介しましたが、稽古の最初の段階で撮影したものです。
わたくしもお気に入りなんですよ。

さてと、チラシも完成したことだし、いろいろ配布したり、宣伝したりして、また多忙な日々が続きます。
ぜひとも、グルッポ・テアトロ公演「玄朴と長英」にご来場くださいませ。
ホームページのメールフォームを使うと、なんと一般料金から200円割引になるのです。
ぜひとも、お使いください。
メールフォーム以外でのご予約は、一般料金に関しては割引はございません

「玄朴と長英」公演でお会いしましょう
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


台本完成!

2008/07/30 23:50
今日の稽古は、会場の手違いなどから、4時間の間に転々としながらの稽古でした。
今日は、もともと予定はしていたのですが、そんな影響もあり、台本を完成させました。

もちろん今までにも台本はありました。
真山青果が1924年に書いた作品ですからね。
真山青果が書いた戯曲を手直しさせてもらって、上演台本を作ったのです。
大作家の真山青果の本ではありますが、古い言葉、意味の取りにくい言葉があります。現代のお客さんが聞いてもわかるように手直しが必要でした。もちろん大幅な改ざんはしません

といいつつも、今まで出来ていたのは第4稿。つまり第5稿が決定稿となるわけです。
第4稿までは、6月の段階までに、白岩がテキストレジーをしていました。
稽古が始まってから、およそ1カ月間、分かりにくい表現やより良い表現を求めていたというわけです。大げさに言えば・・・言い過ぎですけど
そして今日みんなで意見を出し合って、上演台本が完成

それにしても、真山青果の本は、とても堅固なものですね。
中途半端な改変は許さない構造です。そのぶん、テキレジには時間と労力と正確さが必要とされました。
やっていくうちにまた変化はあるだろうけど、大黒柱となる台本が体裁を整えたので、私たちはよりどころを得た感があります。
良い台本でよい公演にしますからね。

玄朴と長英
作:真山青果
グルッポ・テアトロ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


エチュード仕事人 vol.3 鈴木太一・佐藤学二

2008/07/28 17:10
玄朴と長英の稽古もまた新たな段階に入ってきそうです。

この日は、エチュード仕事人として、先日も来てくれた佐藤学二くんに加え、
鈴木太一くんが参加してくれました。

画像
鈴木太一くんの紹介をしましょう。
左側の青年ですが、見ての通りタンクトップ。それがもうトレードマークのようです。
わたくし、もう何年もその姿を見ています。
歩き方にも特徴があるんですけどね…

太一くん、現在は、「劇団無=魂」(むこん)に所属しています。
10月にも芝居に出演するようです。その稽古の合間をぬって仕事人として参加してくれました。
2008年10月2日〜5日の7回公演。六本木アトリエフォンテーヌにて。
くわしくは、ムコンさんのホームページで。

画像
また、佐藤学二くんは、前にも紹介しましたが、シアターΧの所属ということで頑張っています。
右の写真の一番左です。
以前もお知らせしました。学二くんのダンスの舞台に、実は太一くんも参加するのです。
主催は、ミチコ・ヤノ・モダンバレエCo.。
8月30日19時半から。シアターΧにて。

エチュードは、戯曲の核心に触れるような重要な人物をめぐってのものになりました。
人物像を説明して、演技してもらうのも難しいものです。
しかし、佐藤学二くんは二回目ということもあり、大槻俊斉の人物像にまた新たなものが加わりました。
鈴木太一くんは、伊東玄朴の家の門番の老人をやってくれました。やりたいようにやってくれて、台本では考えられないような場面が出てきましたね。

個人の想像力には限度があります。
このように、一件ハチャメチャでも、場面が具体化することと、生活の要素を体験できることは、実は演技の役にたつのですね。
エチュード仕事人には、演技というよりも、その人柄・人間の面で、具体的に接するわけですから、とても助けになります。稽古の活性化にもつながるしね。

最後は、また記念撮影。
画像

実はこの4人と、撮影者の白岩は、グルッポ・テアトロ「お夏清十郎」を一緒に作りあげた仲間だったのです。
ちなみに、佐藤学二くん、鈴木太一くん、白岩は、シアターΧの学校の同期でもあります。
また、栗栖正二さんと佐藤学二くんは、元劇団の同僚。
男5人が集まって、「友情」がテーマの芝居を稽古する。
おもしろい一日でした。
前列:宮川知久。中列左から:佐藤学二、栗栖正二。後列:鈴木太一。撮影者は白岩知明でした。
玄朴と長英公演。グルッポ・テアトロ

どうもありがとう太一くん、学二くん
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


玄朴と長英プレビュー公演

2008/07/28 16:26
7月26日土曜日に Cocokara 1 DAY CAFE de BLUE DRAG vol.2 での玄朴と長英プレビュー公演・公演告知を終了しました。

会場のBLUE DRAG は、小さいけれど雰囲気のあるジャズバーのような感じでした。
ビル自体にいくつかのライブバーがあって、音楽家の集うような場所でしたね。

画像
告知のほうは、お昼には栗栖正二高野長英役で一人芝居彼は本番前は緊張する性質で、見ているだけで笑えました。
その緊張がいい意味ではじけるようなアドリブにつながりました。
自分では恰好のいいセリフだと思っていることがお客さんにウケなくて、空回りするところも彼らしい特徴です。
そんな魅力をたっぷり出しながら、昼の告知は15分で終了しました。
画像

ちなみに右の写真はは終演直後に撮影いたしました。栗栖正二。

夜の回は宮川知久伊東玄朴の役で。
こちらは、種痘所の設立の嘆願書を求めるというようなひとり芝居をやりました。
彼の魅力は、その落ち着いた語り口と、少し狡猾な雰囲気でしょう。
夜の回のお客さんは、お酒も入っていて、わたしたちの告知どころではないようでした
そんな中、PRをさせてくれたcocokaraの前川さんに感謝です。

夜はですね、わたくし、写真を撮り忘れました。はい。
ということで、
玄朴と長英プレビュー公演は無事終了しました。
この告知のためにいらっしゃったお客さんも含め、どうもありがとうございました

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


玄朴と長英「仮」チラシ

2008/07/24 13:26
またまた登場です。

今回は玄朴と長英「仮」チラシのお知らせです。

画像
このチラシは7月26日の池袋でのイベントで配布させてもらいます。
その1回のみです

Cocokara 1 DAY CAFE de BLUE DRAG vol.2
7.28(土) 14:00START 
会場:ブルードラッグ(BLUE DRAG )

前にも書きましたね。プレビュー公演のことです。
ココカラのイベントでPR・告知をさせてもらうのです。
そのためのチラシ作成です。
ちなみにこれは吾輩の作成よ

実は、今この段階で本チラシのデザインは出来上がっているのです。
そちらのデザインは本職のshokoさん。さすがの出来栄えです。
ブログをやっているようですね→こちら
公開はもう少し後、チラシが印刷されてからにします。
それまでは秘密です。
その間、この仮チラシが顔となって頑張ります。
それにしても短命だな

画像

ココカラのイベントチラシもまた載せてみます。デザインは同じ、shokoさん。

土曜日は頑張ります
ぜひお越しください。
午後は、展覧会で夜はライブ。
私たちのほうは、午後が栗栖正二で、夜は宮川知久が出演します
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


グルッポ・モバイル (携帯ホームページの開設)

2008/07/24 13:01
少し更新が滞りました。ごめんなさい
いろいろなお知らせが次々にあって、どれから掲載していくか、ブログかHPかどこに掲載するかで迷っていました。で、迷ったまま放置しておいたというわけで…

まずは、HPをごらんになった方はご存じかと思います。→グルッポ・テアトロ ホームページ

携帯電話用のホームページを開設しました

グルッポ・テアトロのホームページは、パソコンで見られるように念頭において制作していました。
携帯電話で見ると、画像が許容量をこえていたり、文字の段組みが崩れてみえたりしていたのですね。
自分でも携帯で見ましたが、見づらかったり、体裁が整っていなくて何の情報なのだか分からなくなっていました。

画像
そこで、携帯電話用のホームページを作りました。
名称:グルッポ・テアトロ モバイル
愛称:グルッポ・モバイル もしくは携帯グルッポ
右記のQRコードで、バーコードを読み取ってください。
URLを手動で入力される方は
http://www.gruppoteatro.net/を入力してください。
ちなみに上記のクリックで携帯ページも見られますが、見づらいです

グルッポ・モバイルの大きな特徴は
1.ニュースページ
2.簡素な情報
3.チケットフォームの開設
です。

1.のニュースページは、お知らせや稽古場の情報を新聞記事風にお伝えする欄です。ブログには書かない記事を書きます。携帯グルッポ専用の記事というわけですね。
2.の簡素な情報。情報をつめこみすぎず、必要な情報を手短に掲載します。
3.のチケットフォーム。PC用のホームページでもメールフォームはあります。今回はメールフォームを使った方に割引をいたします。携帯電話でご利用の方にも公平になるように、携帯グルッポでもチケットフォームがあります。そこからのチケット予約も割引になります

はい。長く書きすぎるのが悪い癖です

今回は、グルッポ・モバイルの開設の紹介でした。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


エチュード仕事人 vol.2 佐藤学二

2008/07/21 01:59
さてさて昨日に続いて助っ人の登場です。
今日は佐藤学二くん。
画像
三人のうちの真ん中です。
グルッポ・テアトロの「お夏清十郎」公演で飛脚役で暴れまわった暴れん坊です。

佐藤学二くん
現在はシアターΧの所属になっています。お夏清十郎のときは劇団モーリェ。
演出の白岩知明とは、その前に3年間一緒の養成所で演劇を学んだ仲間です。
また、高野長英役の栗栖正二さん(イプセンを上演する会)とは、それよりも前に同じ劇団で舞台に立った仲間です。
伊東玄朴役の宮川知久さん(Pカンパニー)も「お夏清十郎」で一緒だったので、気心の知れた仲。

また彼はダンスの公演にも4回ほど出演しています。
本人はいっぱしのダンサー気取りですが、周囲の人はそれを認めてはいません。
8月にダンス公演があるようです。
8月30日19:30 『続・アクアの世界』 於:シアターΧ 

画像
さて、左の写真は照明を本当にいじっているのではありません。
ちょっとした訓練をかねたエチュードといったものです。
栗栖さん所属のイプセンを上演する会の持ち小屋。北池袋新生館シアターで稽古しています。

佐藤学二くんはエチュード仕事人歴が長いので、いろいろおもしろい人間性を具体化してくれました。
今回彼が演じてくれたのは、伊東玄朴と高野長英の共通の友人、戯曲にも名前が出てくる、大槻俊斉です。
玄朴と長英ツアーでも、大槻の家付近に訪れました。
台本を読んだ事はないのかと思いきや、音響の音作りでこの「玄朴と長英」に参加したことがあるもよう。
そのわりには、何も話を覚えていないのでした…

画像
最後にまた記念撮影です。
前二人、左から宮川知久、栗栖正二。後ろが佐藤学二。
撮影は白岩知明
学二くんは再度参加してくれます。その日も楽しみです。
勢いあまって、学二・宮川・白岩の三人で池袋まで徒歩で帰ってしまいました。

学ちゃんありがと
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


続きを見る

トップへ

月別リンク

玄朴と長英 〜愛しくも、憎らしく〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる